コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメヤママユ Caligula boisduvalii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメヤママユ
Caligula boisduvalii

鱗翅目ヤママユガ科。前翅長 41~52mm。全体黄褐色ないし赤褐色で,前後翅とも中央に赤褐色の眼状紋があり,その外縁は黒色で,中に白色三日月状部がある。前翅基部に赤褐色の三角紋があり,外半は広く赤褐色で後縁中央部に及ぶ。後翅も外縁は広く赤褐色。また前翅先端近くに小黒色斑がある。前後翅とも後角付近に白色斑がある。触角は雄では羽毛状,雌では短い櫛状。成虫は年1回,10~11月に出現する。幼虫はクヌギ,ナラ,ケヤキ,カエデ,サクラ,ウメ,ナシなどの葉を食べる。本州,四国,九州に産するものは亜種 C. b. jonasiiといい,北海道およびシベリア東部に産するものは亜種 C. b. fallaxという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android