コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメヤママユ ヒメヤママユCaligula boisduvalii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメヤママユ
Caligula boisduvalii

鱗翅目ヤママユガ科。前翅長 41~52mm。全体黄褐色ないし赤褐色で,前後翅とも中央に赤褐色の眼状紋があり,その外縁は黒色で,中に白色三日月状部がある。前翅基部に赤褐色の三角紋があり,外半は広く赤褐色で後縁中央部に及ぶ。後翅も外縁は広く赤褐色。また前翅先端近くに小黒色斑がある。前後翅とも後角付近に白色斑がある。触角は雄では羽毛状,雌では短い櫛状。成虫は年1回,10~11月に出現する。幼虫はクヌギ,ナラ,ケヤキカエデサクラ,ウメ,ナシなどの葉を食べる。本州,四国,九州に産するものは亜種 C. b. jonasiiといい,北海道およびシベリア東部に産するものは亜種 C. b. fallaxという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone