コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒモハクジラ Mesoplodon layardii; strap-toothed whale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒモハクジラ
Mesoplodon layardii; strap-toothed whale

クジラ目ハクジラ亜目アカボウクジラ科オウギハクジラ属。オウギハクジラ属のなかで最大。体長は雄約 5.9m,雌約 6.2mに達する。出生体長は推定約 3m。背部と体側は紫や茶がかった灰色または黒色,腹部の排泄孔周辺や尾鰭 (おびれ) の下面,咽喉部および嘴 (くちばし) は白色である。噴気孔からその前方にかけて,また咽喉部から眼の後方を通り噴気孔後方にかけて,白色の帯を有するものがいる。体型は紡錘形で,体高がある。噴気孔は1個で頭部正中線上に位置し噴気孔の前部はほとんど盛上がらない。嘴が細長く突出し,頭部は小さく丸みを帯びる。咽喉部にハの字状の溝がある。背鰭は大きく,吻端から体の後方3分の2に位置し,三角形状で先端はとがり後縁は湾曲している。尾柄部の上下にはわずかにキール (稜状の隆起) がある。下顎骨の中央に1対の歯があり,雄に限って著しく長く,上顎骨を囲むように湾曲し成長する。このため老成個体はほとんど口が開かない。3頭以上の群れをなす。イカ類を捕食する。繁殖期は春から夏。南半球の冷水域に広く連続的に分布し,これまでにアフリカ南部,オーストラリア,タスマニア島などで漂着例がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android