コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒュドラ ヒュドラHydra

翻訳|Hydra

4件 の用語解説(ヒュドラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒュドラ
ヒュドラ
Hydra

ギリシア神話の怪物。テュフォンエキドナの子とされる多頭の水へびで,アルゴス地方のレルネの沼にすみ,付近の人畜を害していたが,ヘラクレスによって退治された。このとき,このへびの頭は,いくら斬落してもすぐにまた新しく生え出てきたので,ヘラクレスは甥のイオラオスたいまつを持たせ,斬り口を焼かせたという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒュドラ

ギリシア伝説の水蛇。特にレルネの沼地にすむ九つの頭をもつ怪蛇。ヘラクレスは12の功業のうち2番目の仕事としてこれを殺した。腔腸動物の称ヒドラはこれにちなむ。
→関連項目テュフォン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のヒュドラの言及

【ヘラクレス】より

…このライオンは怪物テュフォンの子で,矢でも棍棒でも倒せなかったので,腕で締めて窒息させ,皮をはいだ。(2)アルゴスの南のレルネの沼にすむヒュドラHydra(水蛇)退治。これもテュフォンの子で,9頭を有し,その一つを切るとまたすぐ新しい頭が生え出る恐るべき蛇であったが,切り口を火で焼いて新しい頭が生えるのを防ぎつつ退治した。…

※「ヒュドラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒュドラの関連情報