コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒュプノス Hypnos

翻訳|Hypnos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒュプノス
Hypnos

ギリシア神話の眠りの神。夜の女神ニュクスと闇エレボスの子で,死タナトスの双子の兄弟。翼の生えた若者の姿に表わされ,手に持った角から眠りをもよおさせる液を地上に注いで回るとされた。ホメロスによれば,ヘラからカリテスの一人パシテアを妻に与えられたとされ,また美男のエンデュミオンを愛し,彼が目を開いたまま眠れるようにしてやったという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヒュプノス(Hypnos)

ギリシャ神話で、眠りの神。ニュクス(夜)の子で、タナトス(死)の兄弟。翼のある青年の姿で、木の枝で人の額に触れて眠りに誘う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヒュプノス

ギリシア神話の眠りの神。夜の女神ニュクスの子,死の神タナトスの兄弟,夢の神モルフェウスの父とされ,ローマ神話のソムヌスと同一視される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒュプノス【Hypnos】

ギリシア神話の眠りの神。夜の女神ニュクスの子で,死の神タナトスの兄弟とされる。夢の神モルフェウスMorpheusはその子。有翼の青年で,疲れた人間の額を木の枝で触れるか,角から液体を注いで,人を眠りに誘うと考えられた。ローマ神話のソムヌスSomnusにあたる。【水谷 智洋】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ヒュプノス【Hypnos】

ギリシャ神話の「眠り」の擬人神。「夜」の女神ニュクスの子。「死」の神タナトスの兄弟。有翼の青年の姿で、木の枝で人間の額に静かに触れ眠りに誘う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のヒュプノスの言及

【催眠】より

…催眠暗示によって特殊な心理・生理的状態をひき起こすこと,およびその状態をいう。欧米語はギリシア語のhypnos(眠り,その擬人化Hypnosは眠りをつかさどる神)に由来する。催眠という言葉が示すように睡眠と同一に考えられやすいが,今日その十分な解明はまだなされていないものの,種々の点で睡眠と異なる。心理的には被暗示性が亢進し,受動的な注意の集中がみられ,暗示によってカタレプシーなど異常な行為が可能となり,感覚閾値(いきち)の変化や特異な記憶,思考が生じる。…

※「ヒュプノス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒュプノスの関連キーワードタナトスの画家ギリシア神話モルヒネ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android