コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒュペルボレオイ

2件 の用語解説(ヒュペルボレオイの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヒュペルボレオイ

ギリシアの伝説的民族。北風(ボレアス)の彼方(ヒュペル)に住む。アポロンが冬をこの国ですごすといわれ,彼らは同神を深く崇拝する。ヘロドトスの伝えるヒュペルボレオイの供物の転送譚は〈琥珀(こはく)の道〉を反映したものか。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヒュペルボレオイ【Hyperboreoi】

ギリシア伝説で,篤(あつ)くアポロンを崇拝する〈極北人〉。北風(ボレアスBoreas)のかなた(ヒュペルhyper)の四時光明に輝く国で至福の生を送っていると考えられた。前5世紀の歴史家ヘロドトスがアポロン誕生の聖地デロス島の住民の話として伝えるところによれば,かつてヒュペルボレオイは2人の乙女にアポロンへの供物を持たせてデロス島へ送り出したが,乙女たちが帰国しなかったため,以後は麦わらに包んだ供物を国境まで運んで隣国人に渡し,それをまた次の隣国人に転送してくれるようにと頼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒュペルボレオイの関連キーワードアポロニウスの円アポロンダフネデルフォイアクアポリスアポロニウスアポロン的アポロ蝶アポロ的

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone