コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒューベル ヒューベル Hubel, David Hunter

2件 の用語解説(ヒューベルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒューベル
ヒューベル
Hubel, David Hunter

[生]1926.2.27. カナダウィンザー
[没]2013.9.22. アメリカ合衆国マサチューセッツリンカーン
カナダ生まれのアメリカ合衆国の神経生物学者。1947年マギル大学卒業,1951年同大学で博士号取得。モントリオール神経学研究所,ジョンズ・ホプキンズ大学,ウォルター・リード陸軍研究所を経て 1959年にハーバード大学医学部に招かれ,1965年同大学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒューベル
ひゅーべる
David Hunter Hubel
(1926― )

アメリカの神経生理学者。カナダのウィンザーに生まれる。マッギル大学で数学と物理学を学び、1947年卒業、同大学医学部に進み、モントリオール神経学研究所を経て、1954年にアメリカに渡った。ジョンズ・ホプキンズ大学、ウォルター・リード陸軍研究所神経精神医学部に勤務したのち、1959年ハーバード大学に移り、1967年神経学教授に就任し1982年まで務めた。
 ジョンズ・ホプキンズ大学とハーバード大学で、スウェーデンの神経生理学者T・N・ウィーゼルと共同研究を行った。彼らは微小電極を用いて、大脳皮質とくに視覚領の17野のニューロンレベルの研究を進め、視覚ニューロンの構造、およびそれが感覚をどう伝えるかを解明した。視覚ニューロンには単純型検出ニューロンと複雑型検出ニューロンの2階層が存在し、さらに大脳皮質には特定の刺激にのみ反応する細胞があることをつきとめ、感覚情報処理機構の階層性モデルを示した。彼らの業績によって、大脳皮質の研究分野において、視覚野の研究がもっとも進んだものになった。1981年「大脳皮質視覚野の情報処理に関する発見」により、ウィーゼルとともにノーベル医学生理学賞を受賞した。大脳機能の研究で知られたR・W・スペリーとの同時受賞であった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒューベルの関連キーワードウィンザー金田カナダ雁カナダドライカナダドライ クラブソーダカナダドライ サイダーカナダ旅行騎馬警官カナダドルフォート・ウィリアム(カナダ)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒューベルの関連情報