コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒューマンインターフェイス ひゅーまんいんたーふぇいす

1件 の用語解説(ヒューマンインターフェイスの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ヒューマンインターフェイス

人間と機械との接点のこと。パソコンの場合、キーボードなどの人間が直接利用するハードウェアや、データの入力画面などのソフトウェアがこれに当たる。マンマシンインターフェイスとも呼ばれる。人間の特性を理解し、使いやすいように設計されたものがよいヒューマンインターフェイスとされる。よいヒューマンインターフェイスを満たすための条件とは、入力画面の場合、入力項目の配置が視線の動きに合っていること、マウスなどの動作距離が少なく動作順序に無駄がないこと、ヘルプを用意しミスに対する配慮がなされていることなどがあげられる。なお、シスアド試験では、「ヒューマンインタフェース」と表記される。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒューマンインターフェイスの関連キーワード一体型パソコンACPI自作パソコンデータ通信デスクトップパソコンコンタクト・ポイント32ビットパソコン16ビットパソコン水冷パソコン8ビットパソコン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒューマンインターフェイスの関連情報