コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒューリスティックス heuristics

ブランド用語集の解説

ヒューリスティックス

ヒューリスティックスとは、人が意思決定をしたり判断を下すときに、厳密な論理で一歩一歩答えに迫るのではなく、直感で素早く解に到達する方法のことをいう。

出典|(株)日本ブランド戦略研究所ブランド用語集について | 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

ヒューリスティックス

発見法ともいわれる。いつも正解するとは限らないがおおむね正解する、という直感的な思考方法。 理詰めで正しい解を求める方法であるアルゴリズムと対比される概念。 例えば、服装からその人の性格や職業を判断するなどは、ヒューリステックスな方法といえる。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒューリスティックス
heuristics

常に正しい方法とは考えられなくても問題解決に有効であると思われる経験的原理や方法のこと。発見的方法,常識的方法ともいう。最終結果を得るまでの探索量を平均的に減少させるための原理や方法,あるいは試行錯誤的な推測によって問題を解く方法もヒューリスティックスである。たとえば、探索による問題解決を行なう場合,すべての状態をしらみつぶしに探索していたのでは処理量が膨大になって,すべての探索は不可能であることが多い。そのような場合に,与えられている問題についての固有の情報 (ヒューリスティック情報) を有効に利用して,途中で不要な部分の探索を中止する (枝刈り) などを行なうと,効率のよい探索が実現できる。このような探索をヒューリスティック探索 (発見的探索) という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のヒューリスティックスの言及

【発見法】より

…ヒューリスティックスheuristicsの訳語で,〈発見〉に資する思考法ないし技法をいう。発見には,〈事実の発見〉と〈概念の発見〉と〈法則の発見〉と〈理論の発見〉の四つの層が区別される。…

※「ヒューリスティックス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒューリスティックスの関連キーワードヒューリスティック検知ヒュリスティックス利用可能性発見法代表性

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android