直感(読み)チョッカン

デジタル大辞泉の解説

ちょっ‐かん〔チヨク‐〕【直感】

[名](スル)推理・考察などによるのでなく、感覚によって物事をとらえること。「直感が働く」「将来結ばれる運命であることを直感した」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょっかん【直感】

( 名 ) スル
推理・考察など論理的思考によらず、感覚的に物事の真相を瞬時に感じとること。 「 -で答える」 「父の身に何か起こったことを-した」 → 直観(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょっ‐かん チョク‥【直感】

〘名〙 説明や証明をまたないで、直ちに物事の真相を心で感じ取ること。直観
※悪魔(1903)〈国木田独歩〉八「爾の生命其者の存在を直感(チョクカン)せよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

直感の関連情報