固有(読み)こゆう

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐ゆう ‥イウ【固有】

〘名〙
① (━する) もともと持っていること。また、保持すること。
※信長記(1622)九「勝を勝として其いきほひを固有(コユウ)せよと、軍法を専一にしめし給ひしによれり」 〔孟子‐告子・上〕
② (形動) もともと持っているさま。特に、そのものだけに限って有るさま。特有。
※四河入海(17C前)一九「此の吾身と云ものは本来ないもので、固有の物ではないぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こ‐ゆう〔‐イウ〕【固有】

[名・形動](スル)
本来持っていること。
「天然の性に―すること」〈福沢福翁百話
そのものだけにあること。また、そのさま。特有。「民族固有の文化」「北国に固有な(の)風土」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android