固有(読み)こゆう

精選版 日本国語大辞典「固有」の解説

こ‐ゆう ‥イウ【固有】

〘名〙
① (━する) もともと持っていること。また、保持すること。
※信長記(1622)九「勝を勝として其いきほひを固有(コユウ)せよと、軍法を専一にしめし給ひしによれり」 〔孟子‐告子・上〕
② (形動) もともと持っているさま。特に、そのものだけに限って有るさま。特有。
※四河入海(17C前)一九「此の吾身と云ものは本来ないもので、固有の物ではないぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「固有」の解説

こ‐ゆう〔‐イウ〕【固有】

[名・形動](スル)
本来持っていること。
「天然の性に―すること」〈福沢福翁百話
そのものだけにあること。また、そのさま。特有。「民族固有の文化」「北国に固有な(の)風土」
[類語]独特特有独自個性的独創的異色異彩一種オリジナルオリジナリティーユニーク

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「固有」の解説

【固有】こゆう(いう)

本来あるもの。〔孟子、告子上〕仁義禮智は、外よりを鑠(や)くにざるなり。我固(もと)より之れをするなり。思はざるのみ。

字通「固」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android