コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒルチウス ヒルチウスHirtius, Aulus

1件 の用語解説(ヒルチウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒルチウス
Hirtius, Aulus

[生]前90頃
[没]前43.4.21. ムチナ近郊
古代ローマの軍人,著述家。前 54年頃からユリウス・カエサルの部下としてガリア,ヒスパニアおよび東方に転戦。ポンペイウス (大ポンペイウス) との折衝もカエサルから一任されていた。前 45年トランス・アルプス・ガリア州の総督,前 43年執政官 (コンスル ) に指名された。カエサルの死 (前 44) 後,元老院側に寝返り,ムチナで M.ブルーツスを包囲していた M.アントニウスを破ったが,戦死した。カエサルの『ガリア戦記』およびカエサルの手になるとされる『アレクサンドリア戦記』はほとんど彼の手によるものとされている。文人 M.キケロの親友。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone