コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒン文化 ヒンぶんかKhin culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒン文化
ヒンぶんか
Khin culture

ロシア,アンガラ川流域における中石器時代終末の文化。 A.オクラドニコフによって,1934年にアンガラ川支流ヒン川流域で発掘調査された墓からこの文化が設定された。縦長の石刃の先端と基部の一部にのみ,2次加工を加えた石刃鏃が特徴的である。特に基部の形態が,片側縁をえぐったものが含まれている。ほかに,骨製の尖頭器や,柄をつくりだした両面加工の尖頭器もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒンぶんか【ヒン文化】

1950年に,A.P.オクラードニコフによって提唱されたバイカル地方新石器編年の第1期で,前5千年紀に比定されている。1934年に発見されたチャスティエChastye谷の埋葬墓とヒンKhin谷の埋葬墓の2基の出土遺物をもとにヒン文化が設定された。いずれも配石をもつ埋葬墓で,楕円形の墓壙内に,チャスティエ墓では北北西に頭位をもつ遺体が,ヒン墓では明らかな伸展位の遺体が発見された。副葬品には,側抉基の石刃鏃を含む石器群と骨製尖頭器が含まれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android