ヒ・かたよる(漢字)

普及版 字通「ヒ・かたよる(漢字)」の解説


12画

[字音]
[字訓] かたよる

[説文解字]

[字形] 形声
声符は皮(ひ)。〔説文〕三上に「辨(わか)ち論ずるなり」とあり、分析的に論ずる意。〔玉〕に「佞諂(ねいてん)なり」、〔広雅、釈詁一〕に「なり」とする。いくらかねじける意がある。

[訓義]
1. わかちとく、分析的にいう。
2. かしこい、さかしい。
3. (ひ)と通じ、かたよる、かたむく。
4. ねじける、おもねる。
5. そこなう。

[古辞書の訓]
名義抄 ワキマフ・カタマシ・カタル・カタフク・ハゲシ・コトバ・トトノフ

[熟語]

[下接語]
・沈

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android