コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビコル族 ビコルぞく Bikolano

1件 の用語解説(ビコル族の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビコルぞく【ビコル族 Bikolano】

フィリピンのいわゆる平地キリスト教民の一グループで,ルソン島南東端にのびるビコル半島およびカタンドゥアネス島に住み,ビコル語を話す。人口は293万(1975)で,総人口の約7%を占めている。米,トウモロコシココナッツおよびマニラ麻(アバカ)の栽培を行うが,台風の襲来を頻繁にうけ,多大な被害を被ることが多い。アルバイ州の州都レガスピビコル族の中心地で,ほぼ完全なコニーデ型のマヨン火山を背後に擁し,観光地としても知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビコル族の関連キーワードフィリピン海フィリピン海溝猿喰鷲比国フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲フィリピン毛頭虫感染マレーシアとフィリピンフィリピンの戦没者遺骨問題

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone