コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビコル族 ビコルぞくBikolano

世界大百科事典 第2版の解説

ビコルぞく【ビコル族 Bikolano】

フィリピンのいわゆる平地キリスト教民の一グループで,ルソン島南東端にのびるビコル半島およびカタンドゥアネス島に住み,ビコル語を話す。人口は293万(1975)で,総人口の約7%を占めている。米,トウモロコシ,ココナッツおよびマニラ麻(アバカ)の栽培を行うが,台風の襲来を頻繁にうけ,多大な被害を被ることが多い。アルバイ州の州都レガスピはビコル族の中心地で,ほぼ完全なコニーデ型のマヨン火山を背後に擁し,観光地としても知られている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android