ビコル(読み)びこる(英語表記)Bikolano

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビコル
びこる
Bikolano

フィリピン、ルソン島の南東端に長く延びるビコル地方の諸州(カマリネス・スール、アルバイ、ソルソゴン)やその周辺島嶼(とうしょ)部(カタンドアネス島)などに住み、ビコル語を話す人々。人口はおよそ290万人(1975)、総人口の約7%で、平地キリスト教民のなかで五番目に大きいグループ。一般に信仰心が厚く、柔和で穏健な性向をもつと考えられている。父(夫)方、母(妻)方の双方に広がる親族関係が社会生活のうえで重要な役割を果たしている。農業を主たる生業としており、米作を中心にトウモロコシ、ココナッツ、アバカ(マニラ麻)などを栽培しているが、台風の通路に位置しているため、しばしば大きな被害を受ける。アルバイ州の州都レガスピ市は、ビコル地方の中心地であり、また端正な円錐(えんすい)形をしたマヨン火山を擁する観光地として有名である。

[清水 展]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android