コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビシェリエ Bisceglie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビシェリエ
Bisceglie

イタリア南部,プーリア州バリ県,アドリア海にのぞみ,バリの北西約 34kmにある中世に繁栄した港町。ローマ時代には海の監視塔がおかれ,ビギリアエ (徹夜の監視) と呼ばれていた。 11世紀ノルマン人に征服され伯爵領となり,1532年に自由都市となって,ナポリ王国に帰属。現在はワイン,マカロニ,果物などを輸出。主工業は製油,醸造,機械,家具など。 11~13世紀のロマネスク様式の大聖堂がある。人口4万 6916 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビシェリエの関連キーワードボルジア

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android