コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビスマス鉱石 びすますこうせき Bismuth

翻訳|Bismuth

1件 の用語解説(ビスマス鉱石の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ビスマス鉱石

わずかに赤みがかった銀白色の金属で、原子番号83の元素。柔らかく脆い性質を持つ。日本名は蒼鉛。化合物は整腸剤として医薬品に指定されている。過冷却状態から結晶を成長させると複雑で神秘的な造形が出来上がり、表面に酸化膜が作られると光が回折することによる多彩な構造色が見られる。人工的にこれらの作用を起こした結晶は、「最も美しい鉱石」「最も美しい結晶」などと称され、インテリアとして販売されている。

(2013-12-11)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビスマス鉱石の関連キーワードクロム鋼イエローオーカーカッパーレッドブロンド赤毛赤み銀白色槍鱮光源色

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone