コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビスマーク海 ビスマークかいBismarck Sea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビスマーク海
ビスマークかい
Bismarck Sea

太平洋の縁海の一つ。ニューギニア島北東方,ビスマーク諸島に囲まれた海域。南部でソロモン海につながる。平均水深約 2000m,最深部は 2500mに近い。中央にビスマーク海嶺があって,東部のニューアイルランド海盆と西部のニューギニア海盆とに二分される。数多くの海山,小さな火山島が南縁部に分布する。1875年『チャレンジャー』によって初めて組織的に調査された。命名はドイツの政治家オットー・フォン・ビスマルクにちなむ。第2次世界大戦で,日米海戦の戦場となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビスマーク海の関連キーワードセピック川ウェワクマダンラム川

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android