コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビッグバン理論 Big-Bang theory

法則の辞典の解説

ビッグバン理論【Big-Bang theory】

一般相対論のフリードマンの方程式*に従うと,宇宙は開始時点において,きわめて高密度かつ高温であったことが結論される.この時点での原子核反応によって宇宙の元素存在度を説明しようというのがガモフ(G. Gamow)の試みであった.現在ではペンジアスウィルソンによる3K宇宙背景輻射*の発見からほぼ確証されるに至っているが,ヘリウム以外の原子核の生成や,宇宙誕生直後の極短時間における素粒子の問題などは現在でも盛んな研究対象である.

よく「大爆誕」と訳されている.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ビッグバン理論の関連キーワードフリードマンビッグバン説一般相対論ホイル

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビッグバン理論の関連情報