ビノグラドフ(読み)びのぐらどふ(英語表記)Sir Paul Gavrilovich Vinogradoff

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビノグラドフ(Sir Paul Gavrilovich Vinogradoff)
びのぐらどふ
Sir Paul Gavrilovich Vinogradoff
(1854―1925)

ロシア生まれのイギリスの中世法制史家。モスクワ近くのコストロマに生まれ、モスクワ大学卒業後ドイツ、イタリア、イギリスに遊学。帰国後1887年にモスクワ大学歴史学教授となったが、地方自治に関心の高い彼は、教育問題で当局と対立して追放されて渡英。
 1903年にオックスフォード大学法学教授に就任。革命後の祖国の自由主義的発展を期待したが、失望して1918年にイギリス国籍を得た。イギリス初期法制史の権威で、ゲルマニストの立場から自由村落共同体の伝統を強調した。著書は『イギリス隷農制』『イギリス荘園(しょうえん)の成立』『11世紀イギリス社会』『慣習と法』『法における常識』など。[富沢霊岸]
『富沢霊岸・鈴木利章訳『イギリス荘園の成立』(1972・創文社) ▽末延三次・伊藤正己訳『法における常識』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビノグラドフの関連情報