コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コストロマ(英語表記)Kostroma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コストロマ
Kostroma

ロシア西部,コストロマ州州都モスクワの北東約 300km,ボルガ川中流部左岸に位置する河港都市。 1152年ロストフ=スズダリ公ユーリー・ドルゴルーキーが建設したといわれるが,年代記に現れるのは 1213年からである。中世にはボルガ川の交易路の要衝にあたり,その所有をめぐってノブゴロドトベリ,モスクワが激しく争った結果,1329年モスクワ公国が併合。クレムリン (城砦) や大聖堂 (1239,再建 1773) などが保存されている。 19世紀に織物の町として発展し,現在ロシア最大といわれるアマ (亜麻) のコンビナートがあるほか,機械 (繊維機械,食品工業用設備,掘削機) ,木材加工などの工業がある。工科,教育,農業の各大学や,野外建築史博物館,造形美術館などがある。ヤロスラブリとガリチを結ぶ鉄道が通る。人口 26万8617(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コストロマ【Kostroma】

ロシア連邦,ヨーロッパ・ロシアのほぼ中央にある同名州の州都。モスクワの北東約372km,ボルガ川に臨む河港都市。人口28万2000(1993)。長い歴史をもつ市で,12世紀半ばに建設され,14世紀半ばにモスクワ公国に占領された。16~17世紀には商工業がさかんな重要都市であり,1751年には早くも麻織物マニュファクチュアがつくられた。現在でも麻織物工業で知られており,また16世紀以降の教会その他の建造物が残っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コストロマ
こすとろま
Кострома Kostroma

ロシア連邦西部、コストロマ州の州都。ボルガ川中流左岸の河港都市。人口28万9300(1999)。ロシアの亜麻(あま)加工中心地の一つで、機械(掘削機械、繊維工業用設備、モーター部品)、家具、食品工業も発展している。農業大学、工科大学、教育大学、亜麻工業研究所、ドラマ劇場、人形劇場などの教育・文化施設がある。市は12世紀に源を発し、13世紀中ごろはコストロマ公国の中心で、14世紀中ごろモスクワ公国に併合された。17~18世紀にロシアの繊維、金属加工、皮革加工中心地の一つとして知られた。クレムリン(城塞(じょうさい))やボコヤフレンスキー修道院(16世紀)などの建築記念物が保存されている。[中村泰三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android