コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビボル Viborg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビボル
Viborg

デンマーク北西部,ビボル県の県都。ユラン半島中央北部,オールフスの北西 59kmに位置する。キリスト教以前の宗教の中心地で,ユラン地方の初期の中心都市であった。 1065年キリスト教の司教座がおかれ,12世紀に勅許都市となり,17世紀までユラン半島最大の都市として栄えた。その後たびたび火災に見舞われ衰えたが,19世紀に再興し,1919年ユラン高等裁判所が設置された。 12世紀の大聖堂が残っている。商業の中心地で,ビール,たばこ,織物,機械の生産が行われる。人口3万 9424 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビボルの関連キーワードラッペーンランタデンマーク建築アハティサーリカレリア地峡アグリコラビボルグ城ビープリ城ラスムセンティステズタウセンビボルグビープリメリ