コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビュラン Bullant, Jean

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビュラン
Bullant, Jean

[生]1515頃.アミアン
[没]1578. エクアン
宗教戦争中 (1562~98) のフランスの建築家著述家。建築家の家系に生れ,ローマで学んだ。マニエリスムの代表的作家。作品はエクアン城の一部 (55頃) ,シャンティイーのプティ・シャトー (60頃) 。主著『建築の一般規則』 Règle générale d'architecture des cinq manières de colonnes (64) 。

ビュラン

グレーバー」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のビュランの言及

【彫金】より

…【香取 忠彦】
[西洋]
 西洋においても,彫金の技法はおもに金属表面に加飾を施すために使われる。技法には大きく分けて,鑿(のみ)(ビュラン)を使って線刻をするエングレービングengraving,象嵌damascening,鏨(たがね)で金属板に刻印するスタンピングstampingなどがあり,このほか金属粒や金属線を表面に蠟(ろう)付けする細線細工granulation,filigreeなどもある。また,さらに七宝や宝石細工などを施す下準備としてもさまざまな彫金技法が組み合わされる。…

【銅版画】より

… 製版法は大別して2種類あり,その第1は直接に道具で版面を加工する方法,第2は硝酸などで腐食させて刻線を得る方法である。前者のうちビュランburin(フランス語)という一種ののみによる彫刻銅版画(エングレービングengraving)が最も古く,また19世紀まで最も尊重されてきた。
[彫刻銅版画]
 初期には署名のないものが普通だが,おもな版画家としてライン川上流では〈トランプ・カードの画家〉,〈E.S.の画家〉,M.ションガウアー,〈L.Cz.の画家〉など,下流では〈愛の園の画家〉,〈F.V.B.の画家〉,メッケネム,L.ファン・レイデン,イタリアではA.ポライウオロ,A.マンテーニャらが挙げられ,次いでドイツのデューラーの版画がヨーロッパで広く知られた。…

※「ビュラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビュランの関連キーワードジャン・エミール ラブルールコンセプチュアル・アートデンビー・フリント文化オニオン・ポーテージリノリウム・カットスティーブ ハウチュイルリー宮殿エングレービングウィリアム王子レイ リオッタコンデ美術館大久保 春野ルーブル宮殿サーンレダムナントゥイユビュラン凹版客室乗務員L. ピザクルーガーラブルール

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android