コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビヨー Théophile de Viau

世界大百科事典 第2版の解説

ビヨー【Théophile de Viau】

1590‐1626
フランスの詩人。フランス南西部のクレラックに新教徒の小貴族の子として生まれ,ボルドー,ソミュールライデンの大学に学んだ。旅芝居の脚本書きなどをして放浪生活を送ったのち,何人かの大貴族の保護を得て,1619年ころからパリでしだいに名声を高めた。すぐれた詩人として,また自由思想家のリーダーとして大きな影響力を振るったが,23年イエズス会を中心とする宗教勢力の策謀によって投獄され,長い裁判の末,25年にようやく釈放されたものの,衰弱のため翌年パリで死去した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のビヨーの言及

【自由思想家】より

…また思想的にもその傾向はきわめて多様であったが,大別して次の四つのタイプに分類することができよう。まず17世紀初めに詩人ビヨーは16世紀のイタリア・ルネサンス思想の影響の下に,同じ一つの宇宙霊魂が物質と結合して人間をはじめ万物を形成するというアニミズム的宇宙論を展開して個々の人間の霊魂の不死を否定し,また神の摂理をも否定して星辰すなわち宿命,必然にもてあそばれる人間のペシミズムを歌った。このルネサンス思想はその後詩人トリスタン・レルミットTristan L’Hermiteや,〈リベルタンの王〉デ・バローJ.V.Des Barreauxを経て世紀中ごろのシラノ・ド・ベルジュラックにまで影響を与えたが,シラノはまた近代科学の地動説,ガッサンディの原子論,デカルトの自然学など新しい要素をも加えて神なき唯物論のさまざまな形態を模索した。…

※「ビヨー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビヨーの関連キーワードビヨーン イットリングジョン エリクソンピーター モーレンフランス革命バイオリンレーニン丘4月23日サンタマンモスクワ神部 孝雀が丘

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android