コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビラートナガル Birātnagar

1件 の用語解説(ビラートナガルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビラートナガル【Birātnagar】

ネパール南東端,インド国境近くの同国最大の工業都市。人口13万2000(1993)。標高約100mの沼沢性低地タライの中にある。周辺は同国最大のジュート生産地帯で,そのほか米,サトウキビ,木材の産が多い。1936年ここに建設されたジュート工場が同国工業化の発端となり,以後,ジュート加工のほか精米,製糖,製油,製材などの農林産物加工,また綿業,ナイロンプラスチック,製鋼などの諸工業が立地した。北方には同国南部を東西に横断する幹線道路が走り,またインドのフォルベース・ガンジと道路で結ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビラートナガルの関連キーワードインパールカトマンズツーロンネパール語バン湖カールスルーエグルカゴサインタン山藍毘尼園ネパールと中印

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビラートナガルの関連情報