コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビラートナガル Birātnagar

世界大百科事典 第2版の解説

ビラートナガル【Birātnagar】

ネパール南東端,インド国境近くの同国最大の工業都市。人口13万2000(1993)。標高約100mの沼沢性低地タライの中にある。周辺は同国最大のジュート生産地帯で,そのほか米,サトウキビ,木材の産が多い。1936年ここに建設されたジュート工場が同国工業化の発端となり,以後,ジュート加工のほか精米,製糖,製油,製材などの農林産物加工,また綿業,ナイロン,プラスチック,製鋼などの諸工業が立地した。北方には同国南部を東西に横断する幹線道路が走り,またインドのフォルベース・ガンジと道路で結ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android