コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビルフランシュシュルメール ビルフランシュシュルメールVillefranche-sur-Mer

2件 の用語解説(ビルフランシュシュルメールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビルフランシュシュルメール
ビルフランシュシュルメール
Villefranche-sur-Mer

フランス南東部,アルプマリティム県の港町。ニースのすぐ東,地中海に面した美しい保養地で,町は 14世紀に始り,16世紀にはサボイア公がここに砲塁を築いた。西側をモンボロン (178m) ,東側をフェラ岬で囲まれた静かな湾の奥にあり,特にフェラ岬は景勝地として知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ビルフランシュ‐シュルメール(Villefranche-sur-Mer)

フランス南東部、アルプ‐マリチーム県の都市ニースの東郊にある港町。コートダジュールの観光保養地の一。古代ローマ時代より天然の良港として知られ、18世紀にニースに港ができるまでは、海事上重要な港だった。18世紀に建てられたイタリアバロック風のサンミシェル教会、ジャン=コクトーの壁画があるサンピエール礼拝堂などがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone