コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビンスワンガー病 ビンスワンガーびょうBinswanger's disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビンスワンガー病
ビンスワンガーびょう
Binswanger's disease

大脳皮質下白質の変性 (神経線維数が少なくなり,しばしば小さな梗塞〈こうそく〉を伴う) を示す痴呆 (ちほう) のこと。慢性の高血圧患者に見られ,進行性である。大脳皮質下白質には,大脳皮質や基底核,視床といった大切な部位を連絡する神経線維が多数走っている。この部分の損傷は,痴呆の出現に大きく関与していると考えられる。発見者 O.B.ビンスワンガーにちなんで命名された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android