ビンスワンガー病(読み)ビンスワンガーびょう(英語表記)Binswanger's disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ビンスワンガー病」の解説

ビンスワンガー病
ビンスワンガーびょう
Binswanger's disease

大脳皮質下白質の変性 (神経線維数が少なくなり,しばしば小さな梗塞〈こうそく〉を伴う) を示す痴呆 (ちほう) のこと。慢性の高血圧患者に見られ,進行性である。大脳皮質下白質には,大脳皮質や基底核視床といった大切な部位を連絡する神経線維が多数走っている。この部分の損傷は,痴呆の出現に大きく関与していると考えられる。発見者 O.B.ビンスワンガーにちなんで命名された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android