ビービー・ハーヌム・モスク(英語表記)BībīKhānum Mosque

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビービー・ハーヌム・モスク
BībīKhānum Mosque

1399~1404年にチムール (帖木児) がチムール朝の首都だったサマルカンドに,愛妃ビービー・ハーヌムを記念して建てた中央アジア最大のモスク。中庭の四方にイーワーンを設けるチャハル・イーワーン (4イーワーン) 形式で,横幅約 100m,奥行約 140mをなす。外壁は余すところなく彩釉タイルで装飾されている。規模の大きさ,構造の大胆さ,装飾の美しさなどの点で画期的な建築である。 (→チムール朝美術 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android