コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビービー・ハーヌム・モスク ビービー・ハーヌム・モスクBībīKhānum Mosque

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビービー・ハーヌム・モスク
BībīKhānum Mosque

1399~1404年にチムール (帖木児) がチムール朝の首都だったサマルカンドに,愛妃ビービー・ハーヌムを記念して建てた中央アジア最大のモスク。中庭の四方にイーワーンを設けるチャハル・イーワーン (4イーワーン) 形式で,横幅約 100m,奥行約 140mをなす。外壁は余すところなく彩釉タイルで装飾されている。規模の大きさ,構造の大胆さ,装飾の美しさなどの点で画期的な建築である。 (→チムール朝美術 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビービー・ハーヌム・モスクの関連キーワードインノケンチウス7世足利満兼ランカスター朝ウィカムフィリップ(剛勇公)ボニファチウス9世勘合貿易遣明船(年表)ジャン鄭和ジャン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android