コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーム・リード集積回路 ビーム・リードしゅうせきかいろbeam lead integrated circuit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビーム・リード集積回路
ビーム・リードしゅうせきかいろ
beam lead integrated circuit

半導体集積回路で,素子の電気的分離方式にビーム・リード (梁配線) 方式を用いたものをいう。1枚のシリコン ( Si ) 基板上にトランジスタダイオードなど各素子を製作し,酸化膜 ( SiO2 ) 上で厚膜配線を行う。こののち,素子間の基板を裏面から化学的に溶解させて空間部分をつくり,素子を互いに絶縁する。配線の金属の厚みと幅を大にして機械的強度をもたせている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビーム・リード集積回路の関連キーワード半導体集積回路

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android