ピアース ブロスナン(英語表記)Pierce Brendan Brosnan

現代外国人名録2016「ピアース ブロスナン」の解説

ピアース ブロスナン
Pierce Brendan Brosnan

職業・肩書
俳優

国籍
英国

生年月日
1953年5月16日

出生地
アイルランド

経歴
1964年ロンドンに移住。ロンドンのドラマ・センターに学び、’75年から「暗くなるまで待って」などの舞台に出演。’80年「クリスタル殺人事件」で映画デビュー。日本でも放映された米国のテレビシリーズ「探偵レミントン・スティール」にレギュラー出演して有名になる。’94年英国の人気スパイ映画〈007〉シリーズの5代目ジェームズ・ボンド役に起用される。他の映画出演作に「第四の核」(’87年)、「ミセス・ダウト」(’94年)、「007/ゴールデンアイ」(’95年)、「ダンテズ・ピーク」「007/トゥモロー・ネバー・ダイ」(’97年)、「トーマス・クラウン・アフェアー」「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」(’99年)、「テイラー・オブ・パナマ」(2001年)、「007/ダイ・アナザー・デイ」(2002年)、「ダイヤモンド・イン・パラダイス」「マタドール」(2004年)、「ザ・スナイパー」(2005年)、「あぁ、結婚生活」(2007年)、「マンマ・ミーア!」(2008年)、「ゴーストライター」(2010年)、「サルベーション」「ケイト・レディが完璧な理由」(2011年)、「愛さえあれば」(2013年)、「スパイ・レジェンド」(2014年)など。1980年女優のカサンドラ・ハリスと結婚したが、’91年死別した。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

20世紀西洋人名事典「ピアース ブロスナン」の解説

ピアース ブロスナン
Pierce Brosnan


1953.5.16 -
俳優。
アイルランド生まれ。
ロンドンのドラマ・センターで学び、舞台「暗くなるまで待って」「フィルメナ」などに出演。映画デビューは1980年「クリスタル殺人事件」。米国に招かれ「The Manions of America」に主演。その後日本でも放映されたテレビ・シリーズ「探偵レミントン・スティール」に出演し名声を得た。妻キャシーも女優。他の作品に「Nomads」(’85年)、「The Fourth Protocol」(’87年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典「ピアース ブロスナン」の解説

ピアース ブロスナン

生年月日:1953年5月16日
イギリスの俳優

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android