コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピウス6世 ピウスろくせいPius VI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピウス6世
ピウスろくせい
Pius VI

[生]1717.12.25. チェゼナ
[没]1799.8.29. バランス
教皇 (在位 1775~99) 。本名 Giovanni Angelico。 1773年枢機卿。修道会は啓蒙主義的反対勢力に攻撃され,カトリックの諸国王は国教会運動にはしり,彼の教皇在位期は苦難の時期であった。 93年反フランス諸国と同盟を結んだが,96年ナポレオン軍の進攻を呼び,97年のトレンティノ和約で多くの教皇領を失った。 98年再度フランス軍は侵入,教皇も捕えられ,捕囚の身で没した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

ピウス6世

生年月日:1717年12月27日
教皇(在位1775〜99)
1799年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ピウス6世の関連キーワードピオ・クレメンティノ美術館生年月日スビアコモンティ教皇