コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四象 ししょうSi-xiang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四象
ししょう
Si-xiang

中国,用語。『周易』の変化の原理であるの4種のかたち。その象徴的意義について諸説があるが,要するに四季のように,陰,陽の盛衰を示すものであって,これがもとになって,八卦 (か) または六四卦ができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐しょう〔‐シヤウ〕【四象】

4種の姿かたち。天体の、日・月・星・辰。
易学で、少陽(春)・太陽(夏)・少陰(秋)・太陰(冬)。
地中の、水・火・土・石。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ししょう【四象】

易で少陽(春)・太陽(夏)・少陰(秋)・太陰(冬)の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

四象の関連キーワード本因坊秀栄象限電位計機械図面加一倍法太陰易学天体総称算木両儀

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四象の関連情報