コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四象 ししょうSi-xiang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四象
ししょう
Si-xiang

中国,易の用語。『周易』の変化の原理である陰,陽の4種のかたち。その象徴的意義について諸説があるが,要するに四季のように,陰,陽の盛衰を示すものであって,これがもとになって,八卦 (か) または六四卦ができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐しょう〔‐シヤウ〕【四象】

4種の姿かたち。天体の、日・月・星・辰。
易学で、少陽(春)・太陽(夏)・少陰(秋)・太陰(冬)。
地中の、水・火・土・石。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

占い用語集の解説

四象

「易」の宇宙生成論で使われる概念。易経の繋辞伝によれば、「易に太極あり、是(これ)両義(りょうぎ)を生ず、両義、四象(ししょう)を生じ、四象、八卦(はっか)を生ず。」とある。

出典|占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

ししょう【四象】

易で少陽(春)・太陽(夏)・少陰(秋)・太陰(冬)の総称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

四象の関連情報