コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピクテ・ド・ロシュモン ピクテ・ド・ロシュモンPictet de Rochemont, Charles

1件 の用語解説(ピクテ・ド・ロシュモンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピクテ・ド・ロシュモン
ピクテ・ド・ロシュモン
Pictet de Rochemont, Charles

[生]1755
[没]1824.12.28. ランシー
スイスジュネーブの外交官。スイスはナポレオン1世敗北後のウィーン会議で不利な立場に立たされたが,パリ会議 (1815) ではピクテが活躍して,スイスの永世中立領土保全とが承認された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ピクテ・ド・ロシュモンの関連キーワードルイ忠海鶴屋南北パーキンソン病コックスルイ[18世]パーキンソン振戦麻痺浅田育輝ビルマ戦争