コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永世中立 えいせいちゅうりつpermanent neutrality

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永世中立
えいせいちゅうりつ
permanent neutrality

みずから戦争を始めないこと,またほかの家間のいかなる戦争にも参加せず,中立を守ることが国際的に確立している国家の地位。このような地位にある国家を永世中立国という。永世中立国は,自国を防衛するため,または交戦国による中立侵犯を防止するため,武力を行使することは妨げられない。永世中立国としてはスイスオーストリアがあげられる。スイスの永世中立は 1815年の議定書によって成立した(→ウィーン会議)。締約国はスイスの永世中立を承認するだけでなく,もしそれが他国によって危うくされるときはスイスを援助するなど,中立を保障することを約した。オーストリアの永世中立は第2次世界大戦後の 1955年,同国が憲法で永世中立を宣言して関係国に通知し,諸国がこれを承認することにより成立した。ただし,諸国はスイスの場合のように条約上の保障義務を負うわけではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えいせい‐ちゅうりつ【永世中立】

国家が国際法上、永久に他国間の戦争に関係しない義務を負うとともに、その独立と領土の保全を各国から永久に保障されている状態。永久中立永世局外中立。→永世中立国

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

永世中立【えいせいちゅうりつ】

永久中立とも。他の国家間のいかなる戦争に対しても介入せず,また自国の防衛と中立侵犯防止のため以外には,いかなる国に対しても自ら戦争を始めないことを義務づけられ,かつ国際的にも不可侵を保障されている国家の地位。
→関連項目ウィーン会議オーストリア国家条約緩衝地帯スイスベルギーリヒテンシュタインルクセンブルク(国)ロンドン条約

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えいせいちゅうりつ【永世中立 permanent neutrality】

永久中立ともいう。永世中立に類似した概念として,中立および中立主義または非同盟主義がある。国際法上中立とは,他の国家間の戦争状態を前提として交戦国との関係においてのみ成立する法的地位であるのに対し,中立主義は,国際間で多少とも持続的に中立的外交政策をとる立場一般を指し,中立政策とほぼ同義である。中立政策の基本は,平素から戦争にかかわらないよう相対立するいずれの国にも偏しない立場をとることである。非同盟主義は,東西対立に対し,いずれにもくみしないのみならず,緊張を緩和し積極的に平和を確立しようとする第三世界の諸国の立場である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えいせいちゅうりつ【永世中立】

ある国家が、いかなる国とも戦争を始めず、また他国間のいかなる戦争にも関係しないこと。スイス・オーストリアがその例。永久局外中立。永久中立。 「 -国」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永世中立
えいせいちゅうりつ
permanent neutrality

他のいかなる国に対しても戦争を始めず、また他の国の間のいかなる戦争に際しても中立を維持すべきことを、条約によって義務づけられている国を永世中立国といい、そのような国の地位を永世中立という。永世中立を創設する条約は、類型としては永世中立条約とよばれる。これまでに永世中立条約を締結した国には、スイス、クラクフ、ベルギー、ルクセンブルク、コンゴ自由国、ホンジュラス、オーストリア、ラオスなどがあった。ラオスは1962年7月に中立に関する声明を行い、米・ソ・英・仏・中など14か国の国際会議がこれを歓迎し、国際約定の部分とする旨の共同宣言を行った。こうしてラオスの永世中立が成立し、73年のベトナム和平協定もパリ国際会議決定書もこれを再確認した。しかし75年に社会主義のラオス人民民主共和国となり、ベトナムとの間に友好協力条約を締結しベトナム軍の駐留を認め、翌年にはベトナムのカンボジア侵攻を支持するなど、すでにその永世中立の地位は実効性を失っている。そのため現在、永世中立の地位を維持する国はスイス(1815年以来)とオーストリア(1955年以来)のみとなっている。永世中立国は、戦争を自ら開始することも、他の国の間の戦争に加わることも許されないから、戦時に中立国に課せられる義務と矛盾する行為を平常から約定することもできない。たとえば、他の国に軍事基地を提供することも、同盟条約や集団安全保障条約の当事国となることも許されない。他方で、自国を防衛するため、または交戦国による中立侵犯を防止するため、永世中立国が武力を行使することは妨げられない。そのために軍備を保有することもできる。永世中立条約の他の当事国はつねに永世中立国の地位を尊重すべき義務を負う。永世中立の地位が侵害されたとき、他の当事国がこれを排除するため協力する保障義務が規定されている場合(スイス)と、規定されていない場合(オーストリア)がある。前者を絶対的永世中立、後者を相対的永世中立とよぶことがある。[石本泰雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の永世中立の言及

【スイス】より

…その際,ナポレオン時代にフランス領とされていたジュネーブ,バレーValais,ヌシャテルの3地域が主権をもつカントンとしてスイスに加えられ,フランスとの国境が強化された。その上で,スイスの永世中立が国際法的に承認された。1815年に始まったウィーン体制下でも,しだいに自由主義,急進主義が台頭してくる。…

【中立】より

…ふつうには国際関係について,国際法上ないし国際政治上の概念として使われる。
[国際法上の中立]
 国際法上の中立には,永世中立と戦時中立,一般的中立と部分的中立,任意的中立と協定中立,好意的中立と厳正中立などの区別がある。通常それは戦時中立を意味するが,戦時中立とは戦争が発生した場合それに加わらず,交戦国双方に対して公平な態度をとる国家の法的地位のことである。…

※「永世中立」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

永世中立の関連キーワードルクセンブルク市:その古い町並みと要塞群K.P. アルヌルドソンリュウェリン トンプソンオーストリア建国記念日ピクテ・ド・ロシュモンカンプチア人民共和国赤十字国際委員会中立政策の見直しトルクメニスタンチューリヒ大学アーノルドソン永世局外中立国アルヌルドソン永久局外中立タンジール国連加盟田畑 忍田畑忍緩衝国中立化

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永世中立の関連情報