コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八州同盟 はっしゅうどうめいAchtörtige Eidgenossenschaft; Eidgenossenschaft der acht alter Orte

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八州同盟
はっしゅうどうめい
Achtörtige Eidgenossenschaft; Eidgenossenschaft der acht alter Orte

スイス8州が結成した誓約同盟。スイス誓約同盟は 1291年の原初三州永久同盟から出発したが,これらの農村州は自衛を続けるには力が足りず,より多くの同盟者を必要としていた。他方,ルツェルン (1332) ,チューリヒ (51) ,ツーク (51) ,グラールス (52) ,ベルン (53) はハプスブルク家の脅威に対抗する必要を感じ,順次同盟に加わった。ここに八州同盟が成立し,スイスの発展の基礎ができあがった。 1513年までには 13州同盟に拡大した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八州同盟
はっしゅうどうめい
Eidgenossenschaft der acht alten Orteドイツ語

14世紀中葉、スイスの八州がハプスブルク家との抗争のなかで結成した同盟。中世以来スイスはヨーロッパの交通要地であったため、ツェーリンガー家、サボア(サボイア)家、ハプスブルク家などに代表される領域支配者が相次いで興亡した。一方、スイス住民は開墾などにより所有地を得て自由権を所有したが、この自由農民たちは、いくつかの都市とともに、これら支配者との間に帝国自由権獲得闘争を展開した。このうち、ウリとシュウィーツは、神聖ローマ皇帝からそれぞれ13世紀前半に帝国自由権を承認され、帝国直属化していた。その後、彼らは、ハプスブルク家がこの地に中央集権的支配権樹立をもくろみ、かつ当家から皇帝ルードルフ1世が選出されるに及んで、ウンターワルデンとともに1291年三州同盟(原初三州または森林三州ともいう)を結成した。ついで1315年モルガルテンの戦いでハプスブルク家に勝利を収め、同盟を更新した。そして、1332年最初の都市ルツェルン、51年チューリヒ、52年グラールスおよびツークが、そして53年ベルンが加盟し、ここに自由農民共同体と自由都市との連盟体としての八州同盟が成立するに至った。[佐藤るみ子]
『森田安一著『スイス――歴史から現代へ』(1980・刀水書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

八州同盟の関連キーワードピクテ・ド・ロシュモンザンクトヤコプの戦いフィルメルゲン戦争ゾンダーブント戦争シュワーベン戦争スイス史(年表)シュタンスの和約前チューリヒ戦争モラーの戦いワルトマンフリューエスイス史

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android