コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピシディア Pisidia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピシディア
Pisidia

小アジアの南部,アナトリアの高原に位置する古代地方名。パンフリア奥地で東西約 200km,南北約 80kmの地域。山岳が多く,ローマ皇帝アウグスツス (在位前 27~後 14) の時代までは粗暴な山岳民が住んでおり,一種の神政的な小王国が成立していたが,前 25年アウグスツスによる植民が行われてローマに帰属し,属州ガラテアに編入された。新約聖書では使徒パウロの伝道旅行の通過地として言及される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ピシディアの関連キーワードアンチオキア[ピシディア]ペルガモン王国キュロス(小)小アジアガラテヤ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android