コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピシャーチャー piśāca

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピシャーチャー
piśāca

インドの鬼神の一つ。血肉をくらうとされ,ベーダでは喰屍者とも呼ばれ,叙事詩ではラークシャサアスラなどとほとんど同様に悪鬼を意味していることもある。仏典では,畢舎遮などと音写し,食血肉鬼と訳し,持国天の従者であり,その形象は餓鬼に似て,手に人の手足や皿を持っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android