コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持国天 じこくてんDhṛtarāṣṭra

6件 の用語解説(持国天の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

持国天
じこくてん
Dhṛtarāṣṭra

仏教守護の天部の神で四天王の一つ。須弥山 (しゅみせん) の第4層に住し,東方を守護する善神。像は神王形で左手に刀を持ち足下に鬼を踏むのが通例。インド神話では東方の守護神インドラで,仏教の伝えるものとは異なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じこく‐てん〔ヂコク‐〕【持国天】

《〈梵〉Dhṛtarāṣṭra》仏法の守護神、四天王の一。東方を守る。天衣を着て、右手に宝珠、左手に刀を持つ。持国天王。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

持国天【じこくてん】

仏教守護の天部の神。四天王の一人で,須弥山(しゅみせん)中腹の東部に住し,東方世界を守護する。金翅鳥(こんじちょう)などを家来とし,悪魔などをくだす。像は神王形で左手に刀か槊(さく)を持つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

持国天 じこくてん

仏教の守護神。
帝釈天(たいしゃくてん)につかえる四天王の一神。須弥山(しゅみせん)の東中腹にすみ,東方の世界を守護する。おおくは手に宝珠(ほうしゅ)や刀をもつ武神の姿であらわされる。治国天,東方天,持国天王とも。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じこくてん【持国天】

Dhrtarāstra〕 帝釈天に仕える四天王の一。東方を守護する神。一般に武将の姿に表され、多く手に宝珠・刀を持つ。持国天王。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

持国天
じこくてん

仏教の守護神。サンスクリット語ドゥリターシュトゥラ・デーバDhtarra-devaの訳で、治国(じこく)天、東方天、持国天王とも称する。須弥山(しゅみせん)の東中腹に住し、東方の世界を守護する神であり、とくに仏法を守る。その形像に関しては一定しないが、普通、武将形で、青色の身に甲冑(かっちゅう)と種々の天衣(てんね)を着け、左手は腕を伸ばして刀を執(と)り、右手は曲げて宝珠(ほうしゅ)を持つものもある。増長(ぞうちょう)天、広目(こうもく)天、多聞(たもん)天とともに四天王の一つに数えられる。[江口正尊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の持国天の言及

【四天王】より

…四大天王,四王,護世四王ともいう。東方に持国天(提頭頼吒(だいずらた)の訳),南方に増長天(毘楼勒叉(びるろくしや)),西方に広目天(毘楼博叉(びるばくしや)),北方に多聞天(毘沙門)が位置する。《増一阿含経(ぞういちあごんきよう)》や《阿育王経(あいくおうきよう)》には,四天王が釈尊のもとに現れて帰依したことや,釈尊の涅槃(ねはん)の後に仏法を守護することを釈尊から託されたことを記し,《金光明最勝王経》には,四天王が釈尊に対し本経を信奉する人々とその国家を守護することを誓ったことが説かれている。…

※「持国天」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

持国天の関連情報