コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピジン pidgin

翻訳|pidgin

2件 の用語解説(ピジンの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ピジン【pidgin】

〔ビジネス(business)が中国風になまった語ともいわれるが、語源について定説はない〕
通商のために中国・東南アジアなどで発達した、英語と中国語などの混成語(ピジン-イングリッシュ)。また、世界各地で、異言語間のコミュニケーションに際して生まれた同様の混成語についてもいう。 → クレオール

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ピジン

植民地などで,現地の言語とヨーロッパの言語とが接触してできた混成語をさす。〈ピジン〉の名は英語の〈ビジネスbusiness〉が中国語風になったものといわれる。一般に,現地の民族語が多数あり標準化されていない場合,英語,フランス語などが現地の言語の影響を受けながら簡略化され,共通語となったもの。
→関連項目共通語スワヒリ語リンガラ語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のピジンの言及

【スワヒリ語】より

…ニジェール・コルドファン語族の,ベヌエ・コンゴグループの下位グループである,バントゥー諸語に属する言語。この言語はアラビア語のṣāḥil〈海岸〉に由来する名称が示すように,オマーンやイエメンのアラブ商人たちが,東アフリカ海岸の商業根拠地で地元のバントゥー諸語を話す人々との接触の過程で,ピジン言語(交易上の混交言語)として成立,その後,スワヒリ語のみを話し,またそれを母語とする人々のグループが数を増して定着(クレオール)化し,版図をひろげていった。すでに15世紀ころには相当整った形のスワヒリ語が話されていたといわれる。…

※「ピジン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ピジンの関連キーワード北ヨーロッパ西ヨーロッパ東ヨーロッパ南ヨーロッパヨーロッパトルコヨーロッパロシアヨーロッパ農業指導保証基金ポルトヨーロッパヨーロッパの火薬庫ヨーロッパ級

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピジンの関連情報