コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピャンジケント Pyandzhikent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピャンジケント
Pyandzhikent

タジキスタンの小都市。サマルカンドの東方 68kmのザラフシャン川の河谷にある。かつてのピャンジケントは市の北方 1.5kmにあり,6~8世紀にソグディアナの重要な都市として栄え,8世紀初めアラビア人に滅ぼされた。 1947年から発掘が行われ,宮殿やそれらを飾った壁画,木彫,土偶,その他数多くの遺物が発見され,中世ソグディアナ文化の宝庫として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ピャンジケントの関連キーワードカラ・イ・ムグ遺跡ヤクボーフスキー中央アジア美術ペンジケントタジキスタン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android