コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピュセル Jean Pucelle

世界大百科事典 第2版の解説

ピュセル【Jean Pucelle】

?‐1334ころ
フランスの写本挿絵画家。1320年ころよりパリで活動。《ロベール・ド・ビランの聖書》(署名,1327年の年記あり),《ベルビルの聖務日課書》(1323‐26ころ。名前の書込みあり)の挿絵・装飾を行った工房の親方である。また《ジャンヌ・デブルーの時禱書》(1325‐28ころ)は史料と様式比較から,彼自身の手になる代表作とみなされている。構想力にとみ,前例のない複雑な図像を,写本ページ全体に挿絵,文字装飾,縁飾を一体化した独特なレイアウトで実現,14~15世紀にわたるゴシック写本装飾の伝統を確立した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のピュセルの言及

【ゴシック美術】より

…《聖王ルイの詩篇》は当時のパリ美術のよい例である。これらの傾向は14世紀のミニアチュールはもちろん,諸工芸から彫刻,やがて興隆する板絵にまで浸透し,写本装飾の代表的画家ピュセルの画風はパリ様式として,当時のゴシック美術を支配した。しかし,同時にこの繊細な様式には庶民的な趣向が反映していることを忘れてはならない。…

※「ピュセル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ピュセルの関連キーワードドンレミ・ラ・ピュセル国際ゴシック様式ジャンヌ・ダルク

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android