コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピョンヤン(平壌)準平原 ピョンヤンじゅんへいげんP'yǒngyang chunpy'ǒngwon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピョンヤン(平壌)準平原
ピョンヤンじゅんへいげん
P'yǒngyang chunpy'ǒngwon

アクラン (楽浪) 準平原ともいう。北朝鮮の南西部にある準平原。面積は約 500km2で,朝鮮半島で最大。ピョンヤン市からファンヘプク (黄海北) 道のファンジュ (黄州) 郡,サリウォン (沙里院) 市にかけて広がる。石灰岩が浸食された老年期地形で,テラロッサが残留。標高 20~50m。テドン (大同) 江と支流のチェリョン (載寧) 江の流域。年降水量は 1000mm以下であるが,灌漑施設が整い,イネ,ムギ類,果樹の栽培が盛ん。石灰石を産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ピョンヤン(平壌)準平原の関連キーワードピョンヤン(平壌)特別市サリウォン(沙里院)市ソンリム(松林)市

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android