コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピラゾロン系薬中毒 ぴらぞろんけいやくちゅうどく

1件 の用語解説(ピラゾロン系薬中毒の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぴらぞろんけいやくちゅうどく【ピラゾロン系薬中毒】

 ピラゾロン系薬には、フェニルブタゾン、アンチピリンスルピリンなどがあります。
 鎮痛作用が強力で、ふつうの痛み止めでは効かない痛み、たとえば、関節リウマチ(「関節リウマチ」)などの痛み止めに使用されます。
[症状]
 スルピリン中毒では、めまい、失調、幻覚、眠け、昏迷(こんめい)・昏睡(こんすい)、呼吸停止、けいれんなどの中枢神経症状が目立ちます。
 フェニルブタゾン中毒では、肝障害がおこります。
 アンチピリン中毒では、メトヘモグロビン血症がおこることがあります。
[治療]
 初期治療(「医師が行なう中毒の初期治療」)の胃洗浄、吸着剤や下剤の使用を行ないます。けいれんがおこったら、ジアゼパムを注射します。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone