コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昏迷 こんめい stupor

翻訳|stupor

5件 の用語解説(昏迷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昏迷
こんめい
stupor

心身ともに自己表現をせず,外部刺激にも反応しない状態。統合失調症うつ病心因反応の場合は意識障害を伴わないが,てんかんや器質性脳症の場合には伴う。前者のように意識障害を伴わない場合だけを昏迷と呼び,後者は昏蒙 (こんもう) benumbnessと呼ぶことがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こん‐めい【×昏迷】

[名](スル)
(「混迷」とも書く)道理に暗くて、分別の定まらないこと。昏惑。
「苦しき―が彼女を襲った」〈宮本・伸子〉
意識はあるが、外部からの刺激に反応しない状態。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

昏迷【こんめい】

意識は清明だが外部からの刺激に反応せず,何ら意志的表現を示さない状態。統合失調症精神分裂病),てんかん,躁鬱(そううつ)病,ヒステリー,器質性脳疾患,拘禁精神病などにみられる。
→関連項目緊張病

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こんめい【昏迷】

意志の表出を欠き,外界の刺激に対しても反応がみられず,精神活動があたかも停止しているかのようにみえる状態が意識の障害なしに現れることがある。これをとくにドイツ語圏の精神医学ではStupor(昏迷)と表現している。極端な場合は話しかけにもまったく応ずることなく,一定の姿勢を保っていたり,臥床したままのことである。昏迷が解けて後そのときの状況をある程度認識していたことがわかるので,一般の意識障害とは区別されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こんめい【昏迷】

道理に暗くて迷うこと。分別を失って判断できず、心が迷うこと。
〘医〙 意識は保たれているが、外界の刺激に対する反応や意思の表出を欠く状態。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の昏迷の言及

【意識】より

…したがって意識障害を現象的に記載するにあたっても,この二つの側面を念頭においてなされるのが普通である。 昏睡,昏迷,昏蒙,傾眠などは覚醒の程度を表すものであり,昏睡comaはどのような外界からの刺激に対してもまったく目覚めることのない最も深い意識障害に対して用いられ,傾眠somnolenceは呼びかけないかぎり,目を閉じてうとうととしているが,容易に目を覚まさせることのできるような軽い意識障害を示す。昏蒙benumbingと昏迷stuporはこの二つの中間段階に対して用いられ,通常後者のほうが前者より高度の意識障害を意味するものである。…

【意欲障害】より

…分裂病の一症状である。〈昏迷stupor〉 意識は清明であるにもかかわらず一切の自発的行動が消失し,外部からの刺激にもまったく反応しない状態。分裂病,鬱病,ヒステリーにみられる。…

【昏睡】より

…意識障害の程度を表す言葉で,いかなる刺激に対しても反応せず,ただ生命が維持されているのみという深い意識障害をさす。意識障害は,覚醒の程度に応じて,名を呼んだりすると容易に覚醒する傾眠somnolenceから昏蒙obtundation,昏迷stupor,および昏睡に分けられている。意識【水沢 英洋】。…

※「昏迷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

昏迷の関連キーワード刺激療法走光性般化意志的走地性攣縮生理学的反応エイドリアン‐ブロンクの法則関連痛の法則発火指数

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

昏迷の関連情報