コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昏迷 こんめいstupor

翻訳|stupor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昏迷
こんめい
stupor

心身ともに自己表現をせず,外部刺激にも反応しない状態。統合失調症うつ病心因反応の場合は意識障害を伴わないが,てんかんや器質性脳症の場合には伴う。前者のように意識障害を伴わない場合だけを昏迷と呼び,後者は昏蒙 (こんもう) benumbnessと呼ぶことがある。アメリカイギリスでは両者を分けない専門家が多い。また,特に意識障害を伴う場合には錯乱 confusionのなかに含めることが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こん‐めい【×昏迷】

[名](スル)
(「混迷」とも書く)道理に暗くて、分別の定まらないこと。昏惑。
「苦しき―が彼女を襲った」〈宮本・伸子〉
意識はあるが、外部からの刺激に反応しない状態。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

昏迷【こんめい】

意識は清明だが外部からの刺激に反応せず,何ら意志的表現を示さない状態。統合失調症精神分裂病),てんかん,躁鬱(そううつ)病,ヒステリー,器質性脳疾患,拘禁精神病などにみられる。
→関連項目緊張病

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こんめい【昏迷】

意志の表出を欠き,外界の刺激に対しても反応がみられず,精神活動があたかも停止しているかのようにみえる状態が意識の障害なしに現れることがある。これをとくにドイツ語圏の精神医学ではStupor(昏迷)と表現している。極端な場合は話しかけにもまったく応ずることなく,一定の姿勢を保っていたり,臥床したままのことである。昏迷が解けて後そのときの状況をある程度認識していたことがわかるので,一般の意識障害とは区別されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こんめい【昏迷】

道理に暗くて迷うこと。分別を失って判断できず、心が迷うこと。
〘医〙 意識は保たれているが、外界の刺激に対する反応や意思の表出を欠く状態。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の昏迷の言及

【意識】より

…したがって意識障害を現象的に記載するにあたっても,この二つの側面を念頭においてなされるのが普通である。 昏睡,昏迷,昏蒙,傾眠などは覚醒の程度を表すものであり,昏睡comaはどのような外界からの刺激に対してもまったく目覚めることのない最も深い意識障害に対して用いられ,傾眠somnolenceは呼びかけないかぎり,目を閉じてうとうととしているが,容易に目を覚まさせることのできるような軽い意識障害を示す。昏蒙benumbingと昏迷stuporはこの二つの中間段階に対して用いられ,通常後者のほうが前者より高度の意識障害を意味するものである。…

【意欲障害】より

…分裂病の一症状である。〈昏迷stupor〉 意識は清明であるにもかかわらず一切の自発的行動が消失し,外部からの刺激にもまったく反応しない状態。分裂病,鬱病,ヒステリーにみられる。…

【昏睡】より

…意識障害の程度を表す言葉で,いかなる刺激に対しても反応せず,ただ生命が維持されているのみという深い意識障害をさす。意識障害は,覚醒の程度に応じて,名を呼んだりすると容易に覚醒する傾眠somnolenceから昏蒙obtundation,昏迷stupor,および昏睡に分けられている。意識【水沢 英洋】。…

※「昏迷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

昏迷の関連情報