コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピンクガイ Strombus gigas; pink conch; queen conch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピンクガイ
Strombus gigas; pink conch; queen conch

軟体動物門腹足綱スイショウガイ科。高 20cm,殻径 17.5cmになる大型種。殻は太い両錐形,塔は6階で,各層周縁は角張り角状突起があり,下方の螺層ほど強く長い。また,全面に強弱の螺肋がある。殻表は黄褐色。体層は大きく殻高の3分の2を占め,下方へ狭くなり,肩は広く強い結節列がある。殻口は大きく上外方へ開き,殻口内はピンク色。アメリカのフロリダ南東部から西インド諸島に分布し,潮間帯から水深 50mの砂底にすむ。普通種であったが,食用や装飾用に採取され減少しつつあり,ワシントン条約によって国際取引が禁止されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピンクガイ
ぴんくがい
pink conchqueen conch
[学]Strombus gigas

軟体動物門腹足綱スイショウガイ科の巻き貝。大形種で、西インド諸島に分布している。殻高30センチメートル、殻幅18センチメートルに及び、螺塔(らとう)は円錐(えんすい)状にそびえ、周縁に三角の鋭い棘列(きょくれつ)がある。体層も同様であるが、低くて強い螺肋(らろく)もある。成貝になると殻口外唇が翼状に張り出し、その中が淡紅色の滑層で覆われ、軸唇も濃いピンク色になる。外唇下端の切れ込みはやや不鮮明である。
 かつては原住民はホラガイのようにらっぱにも用いた。本種は漁業対象となっていて、肉は食用とされ美味といわれる。殻は色彩がエキゾチックなので、室内装飾用に用いられている。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ピンクガイの関連キーワードホラガイ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android