コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピンポンノキ Sterculia nobilis Smith

世界大百科事典 第2版の解説

ピンポンノキ【Sterculia nobilis Smith】

中国南部原産のアオギリ科の常緑小~中高木で,種子が食べられるため,台湾,東南アジアの一部にも植えられている(イラスト)。葉は単葉で互生し,葉身は長さ8~25cmの楕円形で,全縁,葉柄2~3cm。花は白色~帯紅色の小花で,多数の雄花と少数の両性花葉腋(ようえき)に生ずる円錐花序につく。花弁はなく,萼は鐘形で5裂し,おしべは約20本。果実は長さ4~10cmの卵形木質袋果で,紅褐色に熟し,中に径約2cmの球形~楕円形の種子を2~4個含む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ピンポンノキの関連キーワードタガトース

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android