ファウスト交響曲

デジタル大辞泉プラスの解説

ファウスト交響曲

ハンガリー生まれの作曲家フランツ・リストのテノール独唱・男声合唱と管弦楽のための作品(1854, 57)。原題《Eine Faust-Symphonie》。『3人の人物像によるファウスト交響曲』とも呼ばれる。ゲーテの戯曲『ファウスト』に着想を得て作曲された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ファウストこうきょうきょく〔‐カウキヤウキヨク〕【ファウスト交響曲】

《原題、〈ドイツ〉Eine Faust-Symphonieリストの合唱を伴う交響曲。1854年作曲。改訂がたびたび行われ、1880年に決定稿が完成した。ゲーテの戯曲「ファウスト」に着想を得て作曲された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android