コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファウスト交響曲

デジタル大辞泉プラスの解説

ファウスト交響曲

ハンガリー生まれの作曲家フランツ・リストのテノール独唱・男声合唱と管弦楽のための作品(1854, 57)。原題《Eine Faust-Symphonie》。『3人の人物像によるファウスト交響曲』とも呼ばれる。ゲーテの戯曲『ファウスト』に着想を得て作曲された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ファウストこうきょうきょく〔‐カウキヤウキヨク〕【ファウスト交響曲】

《原題、〈ドイツ〉Eine Faust-Symphonieリストの合唱を伴う交響曲。1854年作曲。改訂がたびたび行われ、1880年に決定稿が完成した。ゲーテの戯曲「ファウスト」に着想を得て作曲された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ファウスト交響曲の関連キーワードリスト(Liszt Ferenc (Franz Liszt)、ピアニスト、作曲家)リスト:村の居酒屋での踊り(メフィスト・ワルツ第1番)/piano soloファウスト(ゲーテの悲劇)標題音楽

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android