コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファジー論理 ファジーろんりfuzzy logic

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファジー論理
ファジーろんり
fuzzy logic

ロトフィ・A.ザデーが提案したファジー集合概念を基礎として,「真」と「偽」の中間の真理値を認める論理。多値論理の一種である。普通,集合はそれを構成する要素 (元) が,明確に規定されており,集合 Aaを要素とするか (aA) ,あるいは要素としないか (aA) のどちらかが成り立つ。これは,集合 Aを命題とみなすと Aが成り立つ (真である) ,成り立たない (偽である) に対応する。そこで aが集合 Aの要素である度合いを示すメンバーシップ関数 fAを用いて特徴づけられるファジー集合を用いると,メンバーシップ関数に対する操作として,通常の集合演算である共通集合,和集合の演算,あるいは部分集合の概念が定義でき,論理演算が定義できる。たとえば,普通の述語論理では「すべての…に対して…が成り立つ」という主張を行なうのに対して,ファジー論理では「非常に多くの…に対して…が成り立つ」という主張を使用することができる。制御などの分野で「曖昧さ」の概念を用いた判断が必要となる場合,ファジー論理が使われる例は少なくない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ファジー論理【ファジーろんり】

あいまい論理とも。デジタル計算機は二値論理,つまり真(1)か偽(0)かのいずれか一方であることが明確な論理に基づいて作動する。このような二値論理に対して,真か偽かの判定に0から1までの〈あいまいさ〉をもつ値を与えた論理体系がファジー論理fuzzy logicであり,米国のシステム工学者ザデーにより1965年に導入された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ファジー論理の関連キーワードファジーコンピュータエキスパートシステムコンピューターファジー制御確信度係数人工知能

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android