コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファテプルシークリ Fatehpur Sīkri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファテプルシークリ
Fatehpur Sīkri

インド北部,ウッタルプラデーシュ州西部,アーグラ西方約 35kmにある町。 1569年にムガル帝国アクバル帝が,この地に住む聖者サリム・チスティの預言により3人の王子を得たことに感謝して建設。大理石とばら色の砂岩を用い,イスラムとヒンドゥーの建築様式を融合させた廟,宮殿,モスクなどが建てられた。 88年まではアクバルの都であったが,用水の不足で放棄された。 1986年世界遺産の文化遺産に登録。人口2万 5459 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ファテプルシークリの関連キーワードファテープルシークリーインド・イスラム美術ディーネ・イラーヒームガル朝美術インド建築

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android