コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファフル・ウッディーン2世 ファフル・ウッディーンにせいFakhr al-Dīn II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファフル・ウッディーン2世
ファフル・ウッディーンにせい
Fakhr al-Dīn II

[生]1572頃
[没]1635. イスタンブール
西アジア,レバノンのドゥルーズマアン家君主 (在位 1593~1635) 。キリスト教のマロン派と協力してレバノンの実権を掌握。ベイルート港を改修して西欧の文物輸入の窓口とし,イタリアのトスカナ公フェルディナンドと秘密軍事同盟を結んだが,トルコ政府の攻撃を受けてイタリアに亡命 (1613~18) 。 1624年再びトルコ政府からレバノン地方の君主として認められ,イタリアから農工業の技術者を招いて国力の充実に努めた。その勢力がシリアからパレスチナに及ぶにいたってトルコ政府の反感を買い,攻撃され (33) ,捕えられて (34) ,処刑された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ファフル・ウッディーン2世の関連キーワードエリザベス(1世)安土桃山時代(年表)リシュリュー(Armand Jean du Plessis de Richelieu)ビレラフェリペ=デ=ヘスースヤギエウォ朝元亀フランシスコ・デ・ボルハアンリ(4世)三方ヶ原の戦い

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android